午前10時のお気に入り。窓際の席とミントティー

午前中の、10時くらいの時間が好きです。
家族は学校や仕事に行き、家には自分一人。

朝の家事もひと段落ついて、ちょっとお茶でも飲もうかな、という時間帯。
天気が良い日に窓際に座って、お茶を片手に空を眺めると、とっても静かな充実した気分になれます。

家族がいてにぎやかな家の中ももちろん大好きだけど、自分ひとりで穏やかな時間を過ごせる瞬間も同じように好きです。
学生の頃、保健室のベッドから空を流れる雲を眺めていた時の気持ちを思い出します。
みんなはどこか別の場所で元気に過ごしていて、自分ひとり静かな時間を過ごしている、あの不思議な気分です。

こういう時に飲むお気に入りのお茶はミントティーです。
ミントティーは少し甘味をつけるとおいしいと自分は思います。

そういえば、サハラ砂漠の遊牧民は砂糖をたっぷりいれた甘いお茶を、小さな繊細なグラスに入れて客にふるまうんだよなーなど、非日常なことを考えてゆっくりお茶を飲み、気分転換しています。
お茶をのんだらまた主婦業に戻ります。さて頑張るか。